ディグニティの役割初めての人が決まりやすい仕事は?派遣の仕組み

ディグニティは、派遣先企業で行う業務と派遣スタッフのみなさんのマッチングを図る役割を担っています。
そのためみなさんには、わざわざ登録に出向き、面談を受けていただくわけです。
きめ細やかな面談を行っているため、適切なマッチングができ、就業後のフォローもしっかり行うことができます。

ディグニティのマッチングがイイわけ。

スタッフさん1人1人に担当のコーディネーターがおり、派遣先とスタッフさんのことをよく理解しているため、
ミスマッチが少なく、スタッフさんからすると、紹介されたお仕事がそのまま決まる確率が高くなります。
また、就業後も「聞いていた仕事内容と違った」という齟齬も起こりにくいのが特徴です。

派遣元事業主が講ずべき処置に関する指針より
最終改正 平成15年厚生労働省告示第448号
派遣元事業主は、派遣先との間で労働者派遣契約を締結するに際しては、派遣先が求める業務の内容、
当該業務を遂行するために必要とされる知識、技術又は経験の水準、労働者派遣の期間その他労働者派遣契約の締結に際し定めるべき就業条件を事前にきめ細かに把握すること。

関わる人たち

派遣会社の人の中で、みなさんと直接関わるのは、主に営業とコーディネーターです。
派遣会社の中には、営業とコーディネーターの業務を兼ねて一人の人が行っている場合もあります。

営業
派遣先企業を担当します。派遣先から求人内容を直接聞くのは営業です。

コーディネーター
主にスタッフさんの登録面談にあたり、営業から上がってくる派遣依頼(求人)に適切なスタッフさんを選定します。

苦情処理担当者
派遣契約書に苦情の処理に関する事項について明記しなければならないことになっています。
氏名の他、部署、役職、電話番号が書かれていますので、就業後に発生したトラブルで営業やコーディネーターでは
埒が明かない場合は、この人に連絡しましょう。

派遣で働くのは初めて、という方や、なかなかお仕事が決まらないという方は、このコーナーを参考にしてみてください!
お仕事検索の際のちょっとしたコツで、がぜんお仕事が決まりやすくなりますよ!

お仕事経験のある方へ

派遣スタッフを採用したい派遣先企業は、できるだけ即戦力になる人材が来てくれることを期待しています。
ですので、これまで経験のあるお仕事と同じ職種や同じ業界でのお仕事は、就業が決まりやすいお仕事と言えます。

お仕事経験のあまりない方へ

10名以上の、一度にたくさんの派遣スタッフを募集しているお仕事は、就業チャンスが大きいお仕事です。
その中でも「未経験OK」のお仕事を選ぶとさらにチャンスは大きくなります。

お仕事にブランクのある方へ

お仕事に2年以上ブランクがある方は、まず短期でも仕事で就業の実績を作ると、次のお仕事につながりやすくなります。
また、いきなり長期の契約にしてしまうより、一度現場のかんじや自分の調子をつかんだ上で次のお仕事を調整した方が、何かと安心です。

資格を持っている方へ

「資格さえあれば実務未経験でもOK」という派遣先やお仕事があります。
ただ、どの資格でもそれほどの効力があるという訳ではありません。
次の8つの資格は派遣でのお仕事に使える資格ですので、資格を突破口として、就業への扉を開いてくれる力があります。
☆派遣で使える資格
簿記、証券外交員、通関士、看護士、薬剤師、栄養士・管理栄養士、介護士関連、保育関連

派遣と正社員やアルバイトなどとの働き方の一番の違いは、お給料の支給などが行われる雇用契約先と、
実際に仕事をするところが別々にあるということです。
具体的には、雇用契約は派遣会社と交わし、日常の仕事の支持は派遣先の指揮命令者から受けることになります。

よくある質問

Q:単発のお仕事でも派遣会社へ登録に行く必要がありますか?
A:一般的には、1日の単発のお仕事であっても、派遣のお仕事の場合は派遣会社への本登録が必要です。
それと言うのも、派遣会社は派遣先企業に対して、その仕事に適切な人材を派遣する義務をおっているため、
何の人選もしないで派遣先に出すということが本来できないためです。
本登録をしっかり行う派遣会社は、派遣という自分達の仕事のスタンスが明確な派遣会社であるとも言えます。
また、働く側にとっても、スキルチェックや面談がしっかりしている派遣会社の方が信頼が置けます。
多少面倒ではありますが、本登録には積極的に行きましょう。
単発のお仕事希望の方は、単発のお仕事が出やすい派遣会社を選んで登録しておくといいですよ。

ディグニティで働くことのメリット

★勤務地・曜日・時間などを選べる
正社員で勤めるよりも就業条件に関していえば、自分のライフスタイルに合わせて働くことができる。

★仕事内容を選べる
自分の得意分野を生かして働けるので、就職に不安なく楽しんで働くことができる。

★いろいろな仕事を経験できる
1つの企業に所属するよりも、仕事単位で作業ができることと、いろいろな経験をすることができる。

★お仕事によっては交通費がでるものもある

★次の仕事が決まるまで自社拠点で働くこともできる